Menu

クリエイターになるために

映像

大学以外の選択肢を

映像に関する知識や技術を学びたい場合は、芸術系の大学に通う手段もありますが、難易度も高くどこにでもある学校ではないのがデメリットです。もしも、そのデメリットのせいで通えないのなら、専門学校という教育機関を使って映像を学んでみましょう。大学よりも入学の難易度が低く全国にありますが、決してレベルが低いわけではないため、十分すぎるほどの知識や技術を学ぶことができます。なお、映像といってもいろいろと種類があるため、まずはどの分野で活躍したいのかを考えなければいけません。たとえば、テレビや映画などの昔からある業界はもちろんのこと、アニメだって映像の分野だといえるからです。それに加えて、最近では3DCGを使ったコンピューター映像もあるため、自分のやりたいことが分かっていないと、正しい専門学校は選べないでしょう。もしも、どの映像が自分に向いているのか分からないのなら、専門学校が用意してくれているオープンキャンパスや体験入学を活用する必要があります。それらでは、実際に入学した後に受ける授業を前もって体験できるため、自分にピッタリの専門学校を選ぶ大きな手助けとなるでしょう。なお、そのようなイベントは公式ホームページに大きく記載されているので、数多くの専門学校の情報を調べることをおすすめします。パンフレットだけでは分からない情報を得られるため、積極的に参加をして、納得できる専門学校をきちんと選定しましょう。